手汗を止める方法とは?

手汗を止めることはできます。

手汗を止めるですが、一番いいのは、気持ちをコントロールすることです。

手汗が出る原因は、ほとんどが自律神経や緊張によるもの。

そのため、気持ちをコントロールして気持ちを落ち着かせる事で、手汗を止める事ができます。

ただ、気持ちをコントロールするのは、そう簡単なものではありません。

落ち着けと思っても、逆効果となり、更に緊張して、汗がひどくなってしまうことも。

コントロールするには、まずは訓練が必要となります。

手汗をコントロールするには?

コントロールできるようになるまでの間は、制汗剤などを使って、汗を止めるといいでしょう。

制汗剤には色々ありますが、汗を止める効果のある塩化アルミニウムを含むものがいいと思います。

その他にも、ミョウバン水や重曹水でも手汗を止める事ができます。

他に、ボトックス注射や手術もあります。

ボトックス注射を手の平に打つことで、手汗を止める事ができます。

ですが、半年位しかその効果は持続しないので、効果が切れたら、またボトックス注射を打たなければなりません。

手術だと、手汗を完全に止める事ができますが、ほぼ100%代償性発汗という後遺症が残ってしまいます。

リスクが大きすぎるので、手術はオススメできません。

手汗がひどい場合は、自分で何とかしようとせず、一度病院で相談してみるのがいいでしょう。

尚、こちらのページでも手汗を止める方法について詳しく書いてあります

色々な手汗を止める方法

手汗がひどいとどうなる?

手汗と関係あるもの